日本語教育能力検定試験に向けて勉強しよう!

日本語教育能力検定試験に合格して、憧れの日本語教師として働きましょう。日本語を習いたいという外国人は年々増加しており、年齢を問わずに働ける日本語教師は需要も高く、大変人気のある職業として注目されています。
短大や大学生が日本語教育能力検定試験に合格すると奨学金に申請できるので、今の内に勉強しておくと将来大変役に立ちます。


他にも将来の転職のための資格として勉強したり、子育てが終わったあとの再就職や定年後のお仕事のためにと日本語教育能力検定試験を受ける方も増えています。

日本語教育能力検定試験は毎年一回のみ開催されるので、不合格の場合は、再度一年間勉強しなくてはなりません。

時間を有効に使って試験に合格するためには、試験に向けたカリキュラムに従って勉強するのが一番効率的です。

日本語教育の検定について補足説明いたします。

通信教育なら、いつでもどこでも検定試験用の勉強が始められるので、お仕事や家事などで忙しい方でも安心して受講することができます。



講座を受講したり試験を受けるのに、経験や年齢などは問われません。日本語学校では試験合格者や講座修了者など、日本語教育に関する知識と能力のある人材を必要としているので、講座で実力を養うことは大変重要といえます。試験の合格率は毎年20%ほどと大変難関ですが、それだけに合格者への信頼度は高く、知識と能力も高く評価されています。



正しい日本語と教授法を学んで、将来必ず役立つ能力を身につけましょう。
資料請求は無料です。