日本語教育能力検定をパスして日本語教師になる

日本語というのは世界の言語の中でももっとも難しいと言われていますが、この言語を実際に学んでいる外国人も実に多いという事実があります。


学ぶ目的はそれぞれです。たとえば、ビジネスでどうしても必要だったり、日本の文化に興味を持っていたり、これから日本の大学に進学したいという人など、日本語を学ぶ動機や目的はそれぞれ違います。

こうした日本語を学びたいという外国の方に日本語を教えるのが日本語教師です。


よく勘違いされるのは、日本語教師と国語教師は同じではないか、ということ。

評価の高い日本語教育の検定の情報が詰まったサイトです。

日本語教師というのは、国内や海外で外国の方に日本語を教える人です。



単なる国語教育ではなく、日本語の発音や文法、会話、それから読み書きなどを丁寧に教えます。

この日本語教師には国家資格というものはありませんから、日本人なら誰でもできるのではないかと思われがちです。


しかし、日本語教育というものはとても奥が深く、前述したように日本語が分かるだけではできません。

ある意味では、日本語を語学としてさまざまな知識を吸収する必要があります。


国家試験はありませんが、民間の日本語教育能力検定試験というものがありますから、この検定試験にパスしていれば就職の際にもかなり有利です。

日本語教育能力検定試験とは、実際に日本語を教えるときに必要になる知識や教える能力が、一定の水準に達しているかどうかをはかる検定試験です。



日本語教師の活躍する場所は、国内だけでなく、海外でも教えている人が多いのが特長です。