日本語教育能力検定試験は一生使える資格です

海外からの留学生や駐在員など、日本で滞在する外国人に日本語を教えたい。
日本語教育能力検定試験に合格すれば、日本語学校で教師となって働くことができるほか、ご自分で教室を開いたり家庭教師でレッスンを行うなど、将来幅広い場所でお仕事をする機会に恵まれます。

日本語教育の検定について考察してみましょう。

日本語教師として就職するのに特別な資格は必要ありませんが、多くの日本語教育機関では、教師を募集するときに日本語教育能力検定試験に合格していることを条件にあげています。


日本語教育能力検定試験は毎年一度、全国各地で行われ、合格すると短大や大学生には奨学金に申請することができます。



日本語教育検定試験のための勉強は独学でも可能ですが、年に一度の試験に向けて組まれたカリキュラムに従って勉強する方が効率も上がります。

試験の勉強は通信教育で誰でも受講することができるので、勉学やお仕事、家事や育児の合間などを利用して効果的に学ぶことができます。


日本語教師で働くための資格は、この検定試験合格証明の他に存在していません。

日本語を教えたい人にとっては教師としての知識と能力を証明できるものとして重要視されています。


講座や試験を受けるのに、年齢や性別、経験、国籍などは全く問われません。
日本語を正しく教える能力があれば、どなたでも受講できます。



一度試験に合格したら、国内や海外の日本語学校で活躍できる、一生涯使える資格として大変人気があります。
資料請求は無料なので、今すぐ問い合わせてみましょう。