日本語教育能力検定試験は一生使える資格です

日本語教育検定は学歴年齢不問ですが難易度は高いです

日本語教育能力検定は公益財団法人日本国際教育支援協会が実施しているもので、日本語教師を目指す人だけでなく既に教師として務めている人に向けた試験です。


学歴や年齢などに制限がないので誰でも受けることはできますが、日本語教育の専門家を検定することが目的なので合格するのは容易ではありません。

日本語教育の検定の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

国家資格や公的な試験ではありませんが、日本語教師として働くための基礎的な資格として社会から認められているものです。

そのため、日本語教師を目指す人にとって登竜門的な存在と言ってもいいでしょう。

日本語教育能力検定は、年に1度だけの国内で行われている3部構成の試験です。



午前中に試験?、昼食後に試験?と?が実施され、試験?は90分間で日本語教育の実践につながる基礎的な知識をテストします。

試験?は30分間に音声を聞いて回答する方式で、試験?は120分間の間で日本語教師の実践的な知識が問われます。

試験範囲は日本語の文法や構造、言語学や教育制度、歴史や心理学など幅広く、合格率は20%程度なのでかなり厳しい試験です。
日本語教育能力検定に合格するには、しっかりと勉強期間を設ける試験対策が求められます。


日本語教師養成講座を受講しながら受験に臨むか、独学の場合は書籍やインターネットで勉強法を模索して自分なりの試験対策を確立する必要があります。



週末は自宅や図書館で徹底的に勉強する覚悟が必要で、大事なのは学習時間の確保です。

試験は年に1回しかなく難易度の高い試験なので、合格するには強い意志が必要です。

これからの日本語教育検定

日本語というのは世界の言語の中でももっとも難しいと言われていますが、この言語を実際に学んでいる外国人も実に多いという事実があります。学ぶ目的はそれぞれです。...

more

日本語教育検定の補足説明

何といっても日本語教育能力検定試験が挙げられます。日本語教師の応募に際して、この検定を取得しているが条件として指定されている場合もあり、多くの日本語教師、日本語教師志望者が受験をするメジャーな試験です。...

more

日本語教育検定の皆が知りたい情報

日本語教育能力検定試験に合格して、憧れの日本語教師として働きましょう。日本語を習いたいという外国人は年々増加しており、年齢を問わずに働ける日本語教師は需要も高く、大変人気のある職業として注目されています。...

more

日本語教育検定を詳しく知りたいなら

海外からの留学生や駐在員など、日本で滞在する外国人に日本語を教えたい。日本語教育能力検定試験に合格すれば、日本語学校で教師となって働くことができるほか、ご自分で教室を開いたり家庭教師でレッスンを行うなど、将来幅広い場所でお仕事をする機会に恵まれます。...

more